ザクザク食感、全粒粉のスコーン

ふんわりと言うよりは、しっかり詰まった食べ応えのあるスコーン。

スコーンと言うお菓子は究極的に言うと、”粉類とバターを一緒にしたものに液体類を混ぜてまとめるだけ” という非常にシンプルな工程の簡単なお菓子です。
にも関わらず、これだけ味も見た目も千差万別なのは、それだけこだわりがある方が多いという事なのでしょうか?

私も例に漏れずいろんなタイプのスコーンを焼くのですが、新しいスコーンのレシピを考える時は粉の割合やバターの分量など、毎回微調整に苦労します。

今回の全粒粉のスコーンはバターの量が控えめで、その分全粒粉の風味が強く感じるものとなっています。

粗挽きの全粒粉グラハムなのでつぶつぶ食感も楽しいところ。

カリカリ、塩キャラメルのスコーンのベースになっている基本のスコーンや、それよりもっとふわふわな苺のドロップスコーンともかなり違うタイプです。

ぜひ色々試して、お好みのタイプを探してみてください。


レシピブログに参加中♪

ザクザク食感、全粒粉のスコーン

Recipe by NinaCourse: スイーツCuisine: イギリス
個数

6

個分
準備時間

1

hour 

10

minutes
焼き時間

15

minutes
Total time

1

hour 

25

minutes

すべての材料は冷蔵庫でよく冷やしておくこと!
準備時間には、生地を休ませる1時間も含みます。

材料

  • a. 薄力粉:240g

  • a. 粗挽きグラハム粉:60g

  • a. 砂糖:60g

  • a. 塩:小さじ1/8

  • a. ベーキングパウダー: 大さじ1と1/2

  • バター:40g

  • 卵:40g

  • 牛乳:80g

作り方

  • 生地
  • バターは小さなダイス状にカットして、冷蔵庫に戻してよく冷やしておく。
    大きめのボウルで a. の材料を すべて混ぜ合わせる。
  • カットしたバターを 2. の粉類に加え、指ですり潰すように混ぜて粉と馴染ませる。
    バターの塊がなくなったらOK。(目安は下記の動画1:44)
  • 卵を溶いて、牛乳と合わせてよく混ぜる。
    ここで使う溶き卵の分量は40g、残りは後ほど使います。
  • 4. の卵液をバターを馴染ませた粉に加え、ヘラで切るようにさっくり混ぜる。
    粉気がなくなったら、ラップで包む。
  • 生地はまだまとまっていないので、綿棒を小刻みに押し付ながら四角のシート状にする。
    その後30分、冷蔵庫で生地を休ませる。
  • 成形
  • 生地を冷蔵庫から取り出し半分にカットして重ね、軽く綿棒で押し付け接着する。
    もう一度繰り返す。
    サイドはスケッパーやカードなどで角ばった形に整える。(動画4:56)
  • 約3cmの厚みに整えたら、再度ラップで包み冷蔵庫で30分休ませる。
  • 生地を取り出し、包丁で2×3の6等分にする。
  • 生地:3 で残しておいた溶き卵を表面に塗り、190℃に予熱したオーブンで15分焼く。

Recipe Video

Notes

  • フードプロセッサーがある場合は、2. の工程で使うと手早く簡単。
    気温が高い日はバターが溶けやすいので尚おすすめです。

Related Recipes

ティラミス風プリン|全卵と牛乳で作る、とろける食感|”す”が入らない作り方

ティラミス風プリン|全卵と牛乳で作る、とろける食感|”す”が入らない作り方

夏だ!レモンだ!|しっとり甘酸っぱいレモンドリズルケーキ

夏だ!レモンだ!|しっとり甘酸っぱいレモンドリズルケーキ

ジンジャー風味のパンプキンパイ

ジンジャー風味のパンプキンパイ

さくらんぼの季節|アメリカンチェリーのしっとりチョコレートマフィン、アイスクリーム添え

さくらんぼの季節|アメリカンチェリーのしっとりチョコレートマフィン、アイスクリーム添え