ハロウィンパイ|カリフラワーの脳みそ風

10月が始まってしまいました。
ハロウィンの準備をしなければと思いつつ、ようやく重い腰をあげて考えたハロウィンメニューです。

レシピを見る

表面はミイラのパイ、断面は何に見える?

丸ごとカリフラワーを挽き肉で包み込み、さらにサックリしたパイ生地で包んだ一品。
カリフラワーはビーツで赤く染めてありますので、断面がそこはかとなく脳みそ風。
、に見えたらいいな。

 さらに、ビーツの漬け汁(茹で汁)を使った赤黒いソースをかければ、そこはもうウォーキングデッドの世界です。

 ビーツは時々生のものがスーパーで売られていますし、缶詰またはパウチの水煮でしたら年中手に入ります。
私はベランダで育てていますので、すぐ使わない分はダイス状にカットして冷凍しています。

なかなか大胆な見た目ですので、みんなの視線を集めること間違いなし。
今回はミイラ風にパイの表面をデコレーションしました。
中身が可愛いとかけ離れているのはさておき、ハロウィンっぽい抜き型などをお持ちの方はそれらで飾っても可愛いと思います。

パイ生地はいつでも作れる簡単練り込みパイ生地で

もちろん冷凍の折り込みパイシート、いわゆるパフ・ペイストリーまたはフィユタージュでも良いですが、家庭で作るのは少々手間がかかります。

なので、私が食事系のパイを作るときはほとんどの場合練り込みパイです。
タルト台に使う生地といった方がわかりやすいかも知れません。

食事パイに使う生地ですので、タルトのように甘くしません。
かなり雰囲気は変わりますが、大きなカテゴリーとしてはこちらかなと思います。

さらに簡単にできるように、バターを使わずオリーブオイルで、生地を休ませる時間も必要なし。
生地を作るだけなら5分以内で出来るはず。
これから寒くなってくるので、フィリングを変えて色々なパイに活躍します。


レシピブログに参加中♪

ハロウィンパイ|カリフラワーの脳みそ風

Recipe by NinaCourse: メイン, パイCuisine: その他
Servings

4

人分
準備時間

20

minutes
調理時間

20

minutes
焼き時間

30

minutes
Total time

1

hour 

10

minutes

丸ごとカリフラワーのハロウィンパイ。
ビーツで赤く染めたカリフラワーの断面がちょっと不気味な脳みそ風です。
漬け込み時間は除きます。

材料

  • ビーツ染めのカリフラワー
  • カリフラワー 1個

  • ビーツ 50g

  • 塩 小さじ1/4

  • レモン果汁 少々

  • フィリング
  • 合い挽き肉 200g

  • たまねぎ 1/2個

  • カリフラワーの葉 たまねぎと同量

  • 塩 小さじ1/4

  • 胡椒 少々

  • ウスターソース 小さじ1/2

  • ケチャップ 小さじ1/2

  • パイ生地
  • 薄力粉 250g

  • ベーキングパウダー 小さじ1/4

  • オリーブオイル 大さじ2

  • 卵 1個

  • ぬるま湯 卵と合わせて150mlになるように

  • 黒オリーブ 1個
    飾り用。あれば。

  • ソース
  • カリフラワーとビーツの茹で汁

  • ウスターソース 大さじ1/2

  • ケチャップ 大さじ1/2

作り方

  • カリフラワーの下準備(前日)
  • カリフラワーをしっかり水洗いし、余分な葉・茎を取り除いておく。
    この葉と茎は挽き肉と混ぜて使うので取っておく。
  • 塩とレモンを加えたお湯で10分ほどカリフラワーを茹でる。
    湯量はカリフラワーがしっかり浸るくらい、茹で汁も後で使うので大きすぎない鍋を使う方が良い。
  • 冷めたら茹で汁ごと密封できる袋に入れて、空気を抜いて一日漬け込む。
  • フィリング
  • たまねぎとカリフラワーの葉・茎、漬け込んでいたビーツをみじん切りにする。
    この時、飾りの目玉用のビーツを少量取り分けておく。
    (カリフラワーの茎は固い皮を剥いて使う。)
  • たまねぎとカリフラワーを透き通ってくるくらいまで炒め、冷ましておく。
  • 挽き肉に塩胡椒を加えて粘りが出るまで捏ねる。
    炒めた野菜、ビーツ、ウスターソース、ケチャップを加えて再びひとまとまりになるまで捏ねたら、使うまで冷蔵庫へ。
  • パイ生地
  • 卵は溶いておき、艶出し用に大さじ1ほど取り分けておく。
    残りの卵とぬるま湯を合わせて150mlになるように計量する。
  • 薄力粉にその他の材料を全て加え、粉気がなくなるまで混ぜる。
    (目の飾り用オリーブは除く。)
  • 打ち粉をした台に取り出し、2等分に分けてそれぞれ円形に伸ばす。
    大きさは底用がカリフラワーの直径よりふたまわり大きいくらい、カバー用はそれよりさらにひとまわり大きいくらい。
  • 組み立て
  • 1日漬けておいたカリフラワーを取り出し、しっかりと水気を拭き取る。
  • カリフラワーを裏返し、底の隙間から挽き肉フィリングを詰め込む。
    表面も残らずすべてフィリングで覆う。
  • オイルを塗って粉をはたいた耐熱皿に底用のパイ生地を敷く。
  • 中心に2. のカリフラワーを配置し、空気が入らないように抑えながらカバー用のパイ生地を被せる。
    縁は2cmほど残してカットする。
  • カットして残った生地でデコレーションする。
    ミイラの包帯をイメージして、薄く伸ばして細長くカットした生地をランダムにパイの表面にかける。
  • パイの縁に合わせて包帯の長さを調節し、すべてかけ終わったらフォークで1周、縁を接着させる。
  • オリーブは横に半分にカットし、穴にビーツを詰めて赤い瞳孔にする。
  • 目玉の位置に空気穴を開け、穴を広げてカット面を下にして押し込むようにオリーブの目玉をつける。
  • 生地を作る時に取り分けておいた艶出し用の卵を表面に塗り、200℃のオーブンで30分焼く。
  • ソース
  • カリフラワーを漬け込んでい赤い茹で汁を煮詰める。
  • ウスターソース・ケチャップを加え、味見しながら少しとろみがつくまで再び煮詰める。

Recipe Video




Related Recipes

焼き時間短め、きのこのキッシュ|薄く焼いてピザみたいに食べたい!|パイ生地不使用

焼き時間短め、きのこのキッシュ|薄く焼いてピザみたいに食べたい!|パイ生地不使用

4日目、鶏むね肉のスパイス味噌漬け和風サンド|作り置き+余り野菜|1週間分のお弁当サンドイッチアイディア

4日目、鶏むね肉のスパイス味噌漬け和風サンド|作り置き+余り野菜|1週間分のお弁当サンドイッチアイディア

チュニジア風クスクス|野菜たっぷり、アフリカのスパイシーなトマト煮込み

チュニジア風クスクス|野菜たっぷり、アフリカのスパイシーなトマト煮込み

2日目、ボリュームオムレツとしっとり鶏ハムのサンド|作り置き+卵|1週間分のお弁当サンドイッチアイディア

2日目、ボリュームオムレツとしっとり鶏ハムのサンド|作り置き+卵|1週間分のお弁当サンドイッチアイディア