フレッシュトマトと魚のサッと煮シチュー、カスレ風|30分以内に完成|あっさりトマトと豆の煮込み

お魚はどうやって食べるのが好きですか?

シンプルに焼き魚、サクッとフライ、お刺身も捨てがたいですね。お鍋に入れるのも美味しいですが、今回は洋風にトマトシチューです。

シチューといっても、煮込むのは本当に短時間。魚が煮崩れる心配もありません。

ちなみに、どこがカスレ風かというと豆とトマトを煮込む点です。正確には白いんげん豆ですし、料理の名前の由来にもなったカソールcassole)と呼ばれる深い土鍋でも煮込みませんが、まあその辺りはご容赦ください。

しっかり、でもヘルシー(カロリー低め)に食べたい。

そんな時にもおすすめです。魚はお好きなものを使ってOKですが、個人的には白身魚なんかがよくあいます。赤と白のコントラストもきれいです。

魚と大豆がメインなので、高タンパク低脂質でさっぱりいただけます。もちろんスープはパンで拭って、最後までぺろりと召し上がれ。(!!Notice!!:パンの量は自己責任です。)

余談ですが、トマトに含まれるリコピンは花粉症の症状を和らげると聞いたことがあります。

ちょっと気になって調べてみたところ、リコピンはアレルギー反応を抑えてくれるようですが、生のトマトはスギ花粉とタンパク質構造が似ているためNG。口の中がかゆくなるらしい…。

加熱すれば大丈夫らしいので、花粉症のみなさんはこのシチューで乗り切ってください。


レシピブログに参加中♪

フレッシュトマトと魚のサッと煮シチュー|カスレ風

Recipe by NinaCourse: メイン, 魚料理Cuisine: その他
人数

2

人分
準備

10

minutes
調理

15

minutes
Total time

25

minutes

材料

  • 魚(切り身) 4切れ

  • たまねぎ  1/4個

  • にんにく ひとかけ

  • トマト 2個

  • タイム 小さじ1/4

  • 大豆水煮 150g

  • ほうれん草 1束

  • 塩胡椒 適量

作り方

  • 野菜の下準備。
    たまねぎ_みじん切り
    にんにく_みじん切り
    トマト_さいの目切り
    ほうれん草は少量の塩で茹でておき、絞って食べやすい大きさにカット。
  • 魚に塩胡椒をして、油をひいて強火で温めたフライパンで焼き目をつける。
    このとき、中までしっかり火を通す必要はありません。
    焼き目がついたら一旦取り出しておく。
  • 同じフライパンで、たまねぎとにんにく、を透き通るまで炒める。

    塩をひとつまみふって炒めると浸透圧で水分が出てくるので、野菜のうまみを引き出すことができます。
  • トマトと大豆を加え、程よい水分量(2/3くらい)になるまで中火で煮詰め、味をみながら少し薄いと感じる程度に塩で調整する。

    魚にも塩をふっているので、ここでちょうど良いと感じる位にしてしまうと最終的に濃くなってしまいます。
  • 取り出しておいた魚・ほうれん草・タイムを入れ、魚に火が通るまでサッと煮込む。

Notes

  • 煮込みすぎても身が崩れるので、魚を入れたら煮込むのは短時間。

Related Recipes

週末1時間、作り置きで1週間分のお弁当サンドイッチ

週末1時間、作り置きで1週間分のお弁当サンドイッチ

チキンのオーブン焼き、缶詰アーティチョークのクリームソース|オーブンで焦付き回避

チキンのオーブン焼き、缶詰アーティチョークのクリームソース|オーブンで焦付き回避

鶏肉のアクアパッツァ風|とりあえずフライパンに入れるだけ

鶏肉のアクアパッツァ風|とりあえずフライパンに入れるだけ

フレッシュトマトと魚のサッと煮シチュー、カスレ風|30分以内に完成|あっさりトマトと豆の煮込み

フレッシュトマトと魚のサッと煮シチュー、カスレ風|30分以内に完成|あっさりトマトと豆の煮込み