鶏肉のアクアパッツァ風|とりあえずフライパンに入れるだけ

題の通り、常備食材をフライパンにえいやっと入れたら出来ます。
鶏肉焼く・他の食材入れる・蓋する、以上です。
生のバジルを使い、かつしんなりさせたくなければバジルだけ後入れしてください。

アクアパッツァと聞いて想像するのはもちろん魚だと思いますが、アクア(水)・パッツァ(暴れる)なので熱々のフライパンに水分入れたらバチバチするので良しとします。
名前の由来はそれだって昔働いてたイタリアンレストランのシェフも言ってましたし。

というわけで、長期保存可能なオリーブ・ドライトマト(どちらも瓶詰め)を使って作ります。
バジルだけはフレッシュですが、なければ他のドライハーブでも大丈夫です。

暖かい時期はバーブをベランダで育てているので、そちらを使います。
ちょっと使いたい時に結構便利です。

大きなお皿の中心に盛り付ければ、なんとなく良い感じ。

いつもは複数品一気に盛り付けてワンプレートにします。
それはそれで良いんですが、洗い物を増やす覚悟をして真ん中にちょんと盛れば、リストランテとトラットリアの中間くらいには高級感を醸し出せる気がします。
 トラットリア=大衆食堂
 リストランテ=レストラン
今回は普通の鳥もも肉ですが、骨つきチキンとか使えばもっとそれらしくなります。


実はこの日は結婚記念日(1周年)だったので、気持ち頑張るかという感じでこの盛り付けです。
ちょっと余裕を持って見積もって15分かからないメインで頑張るとかおこがましいというクレームは受け付けません。
皿洗いを頑張るのです。


レシピブログに参加中♪

チキンのアクアパッツァ風

Recipe by NinaCourse: 肉料理Cuisine: イタリア
人数

2

人分
準備

5

minutes
調理

10

minutes
Total time

15

minutes

鶏肉を使ったアクアパッツァ

材料

  • 鳥もも肉 1枚

  • にんにく ひとかけ

  • ドライトマト 3つ
    オイル漬けのもの。塩味が強いものを使ったので鶏肉の下味以外に塩は使いませんでしたが、そうでなければ要調整。

  • オリーブ 6個

  • スナップエンドウ ひとつかみ
    他の野菜でも代用可。

  • しめじ 50gくらい

  • 水 30ml

  • 酒 30ml(あれば白ワイン)

  • オリーブオイル 大さじ2

  • 塩 適量

  • バジル 6枚くらい

作り方

  • 鶏肉は下処理をして4つにカット、塩。
    にんにくは皮を剥いて包丁の背で押しつぶし、半分にスライスしてオイルと一緒にフライパンへ。
  • フライパンを弱火にかけ、うっすら色づき香りが立ったら鶏肉の皮目を下にしてフライパンに追加。
  • 強火にして焼き目をつけたら、裏返してその他の材料を追加。
    蓋をして鶏肉に火が通るまで加熱して完成。

Recipe Video

Notes

  • あればケッパーを追加しても美味しいです。
  • 鶏肉のアクアパッツァは動画の8:35〜。

Related Recipes

フレッシュトマトと魚のサッと煮シチュー、カスレ風|30分以内に完成|あっさりトマトと豆の煮込み

フレッシュトマトと魚のサッと煮シチュー、カスレ風|30分以内に完成|あっさりトマトと豆の煮込み

シンプルゴージャスな、ライ麦パンのホットドッグ

シンプルゴージャスな、ライ麦パンのホットドッグ

全卵で作る本格カルボナーラ|卵とチーズのシンプルだけど濃厚ソース。

全卵で作る本格カルボナーラ|卵とチーズのシンプルだけど濃厚ソース。

野菜たっぷりオクラのシチュー、チキンガンボ|あのディズニー映画、アメリカの味?

野菜たっぷりオクラのシチュー、チキンガンボ|あのディズニー映画、アメリカの味?