焼き時間短め、きのこのキッシュ|薄く焼いてピザみたいに食べたい!|パイ生地不使用

なんだかキッシュが食べたい!
最近ピザも食べてない!
ということで、キッシュを薄く焼いてピザみたいな雰囲気にしました。

トマトソースは使ってないし、ピザ欲が満たされたかというとちょっと違うんですが、生地に出来た気泡がちょっとピザっぽくて良い感じになりました。
薄くしたことによって焼き時間も大幅短縮、10ー15分で焼けちゃいます。

コストコで巨大な舞茸のかたまりを見た時に、このビジュアルがなんだか素敵に見えて、なんとかこのまま使えないかなと思って作ったこのキッシュ。

いつも裂いて使うことが多い舞茸ですが、薄めに割ってどどんとのっける感じがインパクト大です。
柔らかいので、そのままでも食べにくくないですしね。

分厚い部分は裂いて同じくらいの厚みに整えます。
裂いた部分も並べて配置して、あたかも ”くっついてますけど、これでひとかたまりですよ” という感じにすればOK。

生地は発酵なし、混ぜてすぐ使える簡単パイ生地をちょっとアレンジして使っています。
5分だけ下焼きすることで、気泡入りのサクサク生地ができてよりピザっぽい仕上がりに。
休日ランチにもいかがでしょうか?

最後に舞茸を使うときの注意点を一つ。
舞茸に含まれる酵素は卵を固まりにくくするので、キッシュのように卵液と一緒に調理する場合は舞茸だけ先に加熱しておくこと。
加熱に弱い酵素なので、これでしっかり固まります。


レシピブログに参加中♪

焼き時間短め、きのこのキッシュ|薄く焼いてピザみたいに食べたい!|パイ生地不使用

Recipe by NinaCourse: ランチCuisine: フランス
24cmパイ皿

1

準備

15

minutes
焼き時間

15

minutes
Total time

30

minutes

材料

  • 生地
  • 薄力粉 100g

  • ぬるま湯 5

  • オリーブオイル 24g(大さじ2)

  • 塩 ひとつまみ

  • 具材
  • たまねぎ 1/2個

  • にんにく ひとかけ

  • 舞茸 100-120g

  • 卵 2個

  • 牛乳 40ml

  • 塩 小さじ1/4

  • 胡椒 適量

  • チーズ 好きなだけ(写真では20g使いました)

作り方

  • 生地を作る。
    材料を全てボウルに入れ、粉気がなくなるまで混ぜる。
    休ませる必要はありません。
  • 成形・下焼き
    打ち粉をした台に生地を取り出し、一度適当な薄さまで伸ばしたら4つ折りにする。
    今度はパイ皿と同じ大きさまで丸く伸ばし、薄くオイルを塗って粉をはたいたパイ皿に敷く。(分量外)
    220℃に予熱したオーブンで5焼く。
  • 具材の準備。
    玉ねぎは薄くスライス、にんにくはみじん切りに。
    舞茸はざっくり手で割って大体同じ厚みにしておく。
  • 玉ねぎとにんにくは薄く油をひいたフライパンでキツネ色になるまで炒めてボウルに取り出す。
    この時、ひとつまみ塩を加えて炒める。
    舞茸も同じようにひとつまみ塩を振って、プライパンで両面しっかり火を通す。
  • たまねぎを取り出したボウルに残りの材料(卵・牛乳・塩胡椒)を全て入れて混ぜる。
    下焼きした生地に流し入れ、舞茸を中央にのせる。
    チーズは舞茸の周りに散らす。
  • 下焼きと同じ220℃で10-12分焼く。

Notes

  • 卵液が固まらなくなるので、舞茸は先にしっかり火を通すしておく。

Related Recipes

4日目、鶏むね肉のスパイス味噌漬け和風サンド|作り置き+余り野菜|1週間分のお弁当サンドイッチアイディア

4日目、鶏むね肉のスパイス味噌漬け和風サンド|作り置き+余り野菜|1週間分のお弁当サンドイッチアイディア

週末1時間、作り置きで1週間分のお弁当サンドイッチ

週末1時間、作り置きで1週間分のお弁当サンドイッチ

フレッシュトマトと魚のサッと煮シチュー、カスレ風|30分以内に完成|あっさりトマトと豆の煮込み

フレッシュトマトと魚のサッと煮シチュー、カスレ風|30分以内に完成|あっさりトマトと豆の煮込み

全卵で作る本格カルボナーラ|卵とチーズのシンプルだけど濃厚ソース。

全卵で作る本格カルボナーラ|卵とチーズのシンプルだけど濃厚ソース。