本場では邪道?ポークビリヤニ

以前からこのブログを読んでくださっている方はまたビリヤニ?と思うかもしれませんが、今回はスペアリブを使ったポークビリヤニです。
以前のレシピは鳥もも肉を使ったジュージーチキンビリヤニなので、気になる方はそちらもどうぞ。
チキンの方が食べやすい味なので初めての方向きです。

なぜ邪道?

どのカレー屋さんに行っても、お見かけするのはほとんどベジ(野菜)ビリヤニやチキンビリヤニ、マトンビリヤニです。
おそらく、それはもともとの発祥がイスラム教圏だからだと思われます。
イスラム教では豚肉食はNGです。

現在のインドはヒンドゥー教が多数を占めていますが、歴史上でイスラム教徒・ムガル帝国に支配された時代があり、その時にビリヤニがインドに入ってきたので豚肉を使うことはないんだと思われます。
同じ理由で、ビーフビリヤニもありません。(ヒンドゥー教では牛を食べてはいけません。)

これも書き出すと私も訳がわからなくなってくるので、興味がある方は歴史書をめくってみてください。
まったく関係ありませんが、子供のころは教科書の図説(わかります?)を読むのが大好きでした。

本筋に戻って、じゃあなんでポークビリヤニなんか作ったのかというと、日本のスーパーではマトンなんて手に入らないからです。
スパイスやハーブ、スペアリブの骨から出る旨みが合わさってチキンには出せないコクが出て、気持ちマトンビリヤニの雰囲気に近づくんですよね。
油が多い部位を使うとちょっとこってりなので、ピクルスも忘れずに。
パパッと作る、付け合わせ用のピクルスも載せておきます。

チキンにミントを入れたり色々試してみましたが、以前のチキンビリヤニとこのポークビリヤニが今の所のおうちビリヤニの完成形です。
もっと美味しいレシピができたら、そのうちアップデートするかもしれませんが。


レシピブログに参加中♪

本場では邪道?ポークビリヤニ

Recipe by NinaCourse: メイン, 肉料理Cuisine: インド, その他
人数

2

人分
調理

30

minutes
煮込み時間

30

minutes
Total time

1

hour 

材料

  • フライドオニオン
  • 玉ねぎ 大きめ1/4個

  • サラダ油 大さじ3

  • 豚肉マリネ液
  • スペアリブ 250g

  • ヨーグルト 大さじ3

  • パクチー 小さじ1/4

  • ターメリック 小さじ1/2

  • コリアンダー 小さじ1/2

  • クミンシードパウダー 小さじ1/2

  • カイエンペッパー 少々

  • 塩 2つまみ

  • ニンニク ひとかけ

  • 生姜 ひとかけ

  • マサラ
  • クミンシード 小さじ1/4

  • カルダモン 2粒

  • クローブ 2粒

  • カットトマト缶 大さじ3

  • バスマティライス
  •  バスマティライス 3/4カップ

  •  ローリエ 1枚

  •  アニス ひとかけ

  • ピクルス
  • 玉ねぎ 1/4個

  • 酢 大さじ1/2

  • 砂糖 大さじ1/4

  • 塩 ひとつまみ

  • クローブ 1粒

  • ビーツ 少量(あれば)
    色付け用なので、なしでも。紫玉ねぎがあればそちらでも。

作り方

  • 最初にバスマティライスを浸水させておく。
  • 豚肉をマリネする。
    ボウルでマリネ液の材料を全て混ぜ、豚肉を漬け込んでおく。
    生姜・にんにくはすりおろし、パクチーは刻んで使う。
  • フライドオニオンを作る。
    玉ねぎを薄くスライスし鍋で揚げ、しっかり色づいたら順に取り出す。
    この時の鍋で最後まで仕上げるので、バスマティライスが入り切る大きさの鍋を使う。
  • 火を消した状態で、残った油にマサラ用のホールスパイスを入れ、予熱でカルダモンがぷっくりしてくるまで置く。
    冷めてしまったら、焦がさないように気をつけながらごく弱火で温めてください。
  • トマトを加え、中火で煮詰めていく。
    水分が飛んで、トマトと油分が分離した状態になったら2.の豚肉をマリネ液ごと加える。
    ボウルに少量の水を加え、残ったマリネ液も残さず入れてください。
    ひたひたぐらいまで水を入れたらフライドオニオンを半量入れる。
    蓋をして中火で煮込み、沸騰したら弱火で30分ほど煮込む。
    この時に味見をして、物足りないようなら塩を足してください。
  • 煮込み終わる時間から逆算してバスマティライスを茹でる。
    沸騰したお湯で5分、ホールスパイスと一緒に茹でてしっかり水を切る。
  • 煮込みが終わった5.のマサラに茹で上がったバスマティライスを入れ、その上に残りの半量のフライドオニオンを散らして弱火で5分蒸らす。
  • 蒸らし終わったら、底から返すようにざっくり混ぜて盛り付ける。
  • ピクルス
  • 玉ねぎはスライス、ビーツは千切りし、塩をふっておく。
    辛みが気になる方は、レンジで短時間加熱してください。
  • 酢と砂糖、クローブを混ぜ、砂糖が溶けるまで500wで20秒ほとレンジ加熱。
  • 野菜と酢を混ぜ合わせ、5分ほどおいてから軽く絞って余分な水分を取り除く。

Recipe Video

Related Recipes

鶏肉のアクアパッツァ風|とりあえずフライパンに入れるだけ

鶏肉のアクアパッツァ風|とりあえずフライパンに入れるだけ

チキンのオーブン焼き、缶詰アーティチョークのクリームソース|オーブンで焦付き回避

チキンのオーブン焼き、缶詰アーティチョークのクリームソース|オーブンで焦付き回避

ごはんが進む、エスニックスペアリブ|野菜たっぷりのライスボウルで

ごはんが進む、エスニックスペアリブ|野菜たっぷりのライスボウルで

ブルーチーズのグラタンドッグ

ブルーチーズのグラタンドッグ