ザクザク、オールドファッションドーナツ|中はしっとり|ひと味違う見た目に作るポイント

さて、ドーナツ第2弾。
ひとつ前の記事ではふわもちイーストドーナツのレシピを書きましたが、今回は正反対の方向です。
表面ザクザク、中しっとりのオールドファッション。
フレーバーはハニーです。
食べるまで時間がある場合は、食感が変わりにくいチョコレートディップもおすすめです。

子どもの頃は積極的に選ぶタイプのドーナツではありませんでしたが、大人になってしみじみ美味しいなぁと感じるようになりました。
私も大人になったのだ、と思いましたが、なんてことはありません。
よくよく考えてみれば、大人になって ”ひとつだけルール” がなくなったので複数種類を選べるようになっただけでした。
サンプル数が少ないのであんまり覚えてなかっただけですね。

オールドファッションのキレイなひび割れ。

オールドファッションといえば、リングの中心にキレイにまあるくひび割れているイメージなのですが、毎回必ず思い通りに割れるのかというとそうでもないんですよね。

というわけで、私は毎回ガイドラインを入れることにしています。
最近のお気に入りは、四角い割れ目。
なんだがちょっとアーティスティックに見える気がします。

ちなみに、ドーナツに穴を開けるのは世紀の大発明らしいですよ。とどこかで読んだことがあります。
本当でしょうか?


レシピブログに参加中♪

ザクザク、オールドファッションドーナツ|中はしっとり|ひと味違う見た目に作るポイント

Recipe by NinaCourse: スイーツCuisine: アメリカ
直径約7cmのドーナツ型

6

個分
調理

15

minutes
寝かし時間

30

minutes
Total time

45

minutes

材料

  • オールドファッション
  • 薄力粉 120g

  • 砂糖 40g

  • 塩 小さじ1/4

  • ベーキングパウダー 小さじ1/2

  • ヨーグルト 40g

  • 卵 1/2個

  • 溶かしバター 6g

  • ハニーグレーズ
  • 粉砂糖 50g

  • 蜂蜜 30g

  • 牛乳 5g
    蜂蜜の粘度によって多少異なる。固めに仕上げる方がベタつきにくいので要調整。

作り方

  • ボウルに粉類を全て入れ、しっかりかき混ぜてムラがないようにする。
  • ヨーグルトと卵を加え、ヨーグルトの固まりがなくなるまでヘラでざっくり混ぜる。
  • しっとりして粉気がなくなったら溶かしバターを加え、全体に行き渡るまで混ぜる。
  • ラップに包んで、冷蔵庫で30分ほど休ませる。
  • 打ち粉をした台で厚さ約1cmにのばし、生地がくっつかないよう粉をつけた型で抜く。
    切れ端は再度まとめ、もう一度型で抜くと合計6個出来上がる。
    切れ目を入れる場合は、ここで入れておく。
  • 低温の油で揚げる。
    適温は生地を入れて細かい気泡が出るくらいです。(動画の5:00でチェックできます)
    切れ目側を下にして揚げはじめるときれいに割れます。
  • 熱いうちにグレーズをつける。

Recipe Video

Notes

  • グレーズは蜂蜜の粘度によっても異なるので要調整。

Related Recipes

いつものティラミス|意外とすぐ出来るフィンガービスケット

いつものティラミス|意外とすぐ出来るフィンガービスケット

こだわりマリトッツォ|ふわふわブリオッシュと生クリームのハーモニー|苺との究極のバランスイタリア・ローマの伝統菓子

こだわりマリトッツォ|ふわふわブリオッシュと生クリームのハーモニー|苺との究極のバランスイタリア・ローマの伝統菓子

ティラミス風プリン|全卵と牛乳で作る、とろける食感|”す”が入らない作り方

ティラミス風プリン|全卵と牛乳で作る、とろける食感|”す”が入らない作り方

オレンジとチョコレートのレアチーズケーキタルト|サクサクのオートミールクラスト

オレンジとチョコレートのレアチーズケーキタルト|サクサクのオートミールクラスト